人気修理

2018年09月26日

【Russell Mocasin(ラッセルモカシン)】

本日は、RUSSEL MOCCAIN (ラッセル モカシン)のファスナーの引手交換のご紹介






脱ぎ履きする際に、どうしても負荷がかかり金具が壊れてしまうことがあります
今回は、同じものが手に入ったので、同じもので交換させて頂きました。






100年の歴史を誇るハンドメイドブーツ、【Russell Mocasin(ラッセルモカシン)】
ラッセルモカシンは1898年、アメリカのウィスコンシン州に設立し100年以上たった現在でも昔とまったく同じ製法で、熟練した職人により全ての過程がハンドメイドでブーツを作り続けてます。
ラッセルモカシンは、森林伐採や湿地帯などで働く人々のブーツとして作られたのが始まりで、足を裏側から袋の様に包み込む「モカシン製法」が、快適な履き心地や耐久耐水性を生み出しています。 その履き心地や製品としてのクオリティーは高く、ハンター達に評価されるようになり、1920年代から幅広いラインアップが開発、生産されるようになりました。 (Webより参照)





同じカテゴリー(RUSSEL MOCCAIN)の記事画像
靴紐 金セル取付
RUSSEL MOCCAIN (ラッセル モカシン) ファスナーの引手交換
同じカテゴリー(RUSSEL MOCCAIN)の記事
 靴紐 金セル取付 (2018-08-10 15:15)
 RUSSEL MOCCAIN (ラッセル モカシン) ファスナーの引手交換 (2016-12-24 15:52)

Posted by RESH.大名古屋ビルヂング店 at 20:47│Comments(0)RUSSEL MOCCAIN人気修理
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。